太陽光パネル工事

メリット&デメリット

太陽光パネルとは

太陽の光を電気エネルギーに変換する太陽光発電システムはクリーンエネルギーとして注目を浴びており、住まいに導入することでさまざまな恩恵を得られます。

太陽光パネル のメリット

大きなメリットとして、
自家発電を行なうことで電力会社から電気を買う量が減り、電気代の削減ができます。また、使い切れなかった余剰電力は電気会社に売ることも可能です。

太陽光パネル のデメリット

デメリットとしては、
電気の発電量は日照時間によって左右されるということ。日陰などの立地や天気・天候などにも左右されるため、導入時にしっかりと調べることが大切です。

売電について

売電とは

太陽光発電システムで発電
した電気を使い切れなかった場合は余剰電力として電力会社に売電できる制度があります。売電を続けることで、システム導入時のコスト回収が早まります。

売電のメリット

売電を行なうことによって、
電力発電による「利益」を得られます。太陽光発電システム導入時のコストが回収できた後は、
純粋な利益としてお客様の手元に残ります。

売電のデメリット

売電価格は年々安くなって
いますので、後回しにすればするほど売電による利益が下がります。導入した年の売電価格で10年間固定されますので、早めに導入することをオススメします。

オススメ商品

シャープ製 太陽光パネル

シャープ製ソーラー発電の特徴は、複数台を連携して管理できる電力もニアを搭載し、屋根面ごとに電力変換でき、高温でも高い効果を発揮するパワーコンディショナ。そして一流メーカーならではのサポート体制が整っていることです。

シャープ製 太陽光パネル

パターン

特徴

形状の違う4枚のモジュールを組み合わせ、効率的な電力を得ることができるのがシャープのソーラー発電です。屋根に無駄なスペースをつくらず、複雑な形状のお住まいにも適応します。

仕様

【ND-160AB】
モジュール変換率:16.9%
公証最大出力:195w

【NU-062LA】
モジュール変換率:10.4%
公証最大出力:62w

【NU-167BA】
モジュール変換率:14.5%
公証最大出力:167w

【NU-162RA】
モジュール変換率:10.4%
公証最大出力:62w

京セラ サムライ

屋根のデザインと一体化する京セラのソーラーパネル・サムライ。長さの異なる数種類の組み合わせが可能で、屋根の大きさ、設置容量に合わせた使い分けが可能なソーラーパネルです。

京セラ サムライ

パターン

特徴

ソーラーパネルが付いているのかわからないほど、屋根に一体化するサムライ。京セラ独自の「Step Style」がソーラーパネルの短いタイプと長いタイプのバリエーションを作り、屋根の大きさに合わせて施工できます。

仕様

屋根置型太陽電池モジュール(SAMURAI)用
型式:KJ46P-3CSCA(傾斜屋根用)
公称最大出力:46W

ソーラーフロンティア CIS太陽電池モジュール フラットタイプ(SFL95-C)

第12回新エネ大賞・経済産業大臣賞受賞、グッドデザイン賞・特別賞エコロジーデザイン賞受賞、第二回ものづくり日本大賞・優秀賞(製品・技術開発部門)受賞と輝かしい受賞歴を持つロングセラーのソーラーパネル。

ソーラーフロンティア CIS太陽電池モジュール フラットタイプ(SFL95-C)

パターン

特徴

発電性能に優れるCIS太陽電池を採用し、薄膜系太陽電池の中で最も高い変換効率を誇る製品。
国内メーカー初となる、モジュール出力20年保証があるのも当製品のポイントです。

仕様

発電素子:CIS薄膜系
公称最大出力:95W 
公称質量:12.5kg
外形寸法(mm, W×L×D):641×1,235×35

よくある質問

晴れの日にしか発電できないんですよね?

晴れの日が一番効率よく発電できますが、曇りや雨天時でも1/20~1/5程度は発電可能です。しかし、積雪の場合は太陽光パネル全面を雪が覆ってしまうためほとんど発電はできません。

どれぐらいの発電能力を持った太陽光発電システムにすれば電気代をすべて賄えますか?

ライフスタイルや地域によっても異なりますが、おおよそ5kW相当の発電能力を有した太陽光発電システムを導入することで家庭での電気代をすべて賄えます。

太陽光パネルの維持費とかってかかりますか?

基本的に太陽光パネルはメンテナンスフリーですが、時折掃除を行なうことをオススメいたします。業者に依頼するとなるとその清掃費ぐらいはかかりますが、基本的に毎月いくらといった維持費などは発生しません。

太陽光発電システムを導入するとどれぐらいの発電量があるか事前に知りたい。

お客様の住まいの立地や地域によって異なりますので一概にはいえません。事前の発電量調査などもゼストは行なっておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。