屋根リフォーム

リフォームの種類

葺き替え

住まいの美観と機能性を向上させる「葺き替え」

古い屋根を撤去して新しい屋根材に交換することを「葺き替え」と呼びます。
屋根は風雨や紫外線の影響を受けやすく劣化の早い場所ですので、長く住まいを使い続けるためには、
タイミングを見て葺き替えを行なわなければなりません。
住まいの屋根を一新する、葺き替え工事のことなら那須塩原市のゼストにお任せください。
お客様の住まい1つひとつに合わせて最適な屋根材をご提案し、住まいの美観と機能性の向上をさせる葺き替え工事をご提供いたします。

雨どい

雨どい工事のことも ゼストにお任せください。

古い屋根を撤去して新しい屋根材に交換することを「葺き替え」と呼びます。
屋根は風雨や紫外線の影響を受けやすく劣化の早い場所ですので、長く住まいを使い続けるためには、
タイミングを見て葺き替えを行なわなければなりません。
住まいの屋根を一新する、葺き替え工事のことなら那須塩原市のゼストにお任せください。
お客様の住まい1つひとつに合わせて最適な屋根材をご提案し、住まいの美観と機能性の向上をさせる葺き替え工事をご提供いたします。

屋根材の種類

粘土系(瓦)

一般的に「瓦」というと、この粘土系(瓦)のことを指します。日本でも昔から用いられててきたこの粘土系(瓦)は、時間を経ることによって味わい深い見た目になることが特徴で、主に釉薬瓦と無釉瓦に分かれ、形状によっては洋風瓦と呼ばれることがあります。近代に入って登場し始めた屋根材と比べて重量が重いので、耐震性への工夫が必要となりますが、遮音性が高いことなどから雨音などが気にならないといったメリットがあります。

釉薬瓦

釉薬による防水効果で水が浸透しにくく、色褪せや変色も少ないことから基本的にはメンテナンス不要。和風・洋風を問わずにさまざまなデザインの建物にピッタリと合う、デザイン性にも優れています。

無釉瓦

無釉瓦はその名の通り、成形した瓦に釉薬を施さない瓦のことを指します。無釉瓦の種類としてはいぶし瓦や欧州や沖縄の建造物で見る赤色の瓦「赤瓦」などもこの無釉瓦にあたります。

金属系

その名の通り金属を用いた屋根材で加工が容易で軽量なことが大きなメリット。複雑な屋根形状にも対応することができ、軽量であることから耐震性にも優れています。瓦と比べてもカラーバリエーションが豊富なので、建物に合わせてカラーリングを変えることでピッタリとハマります。しかし、熱伝導率の高い金属を用いることから、断熱性が悪いといったデメリットもありますが、近年では断熱材や断熱塗料を使って断熱性を向上させたりといった工法を使うことで解決できます。

鋼板

近年多くの建物に使用されているのがこの鋼板で、代表的なものがガルバリウム鋼板です。サビに強く耐久性があり、ものによっては紫外線による劣化や酸性雨による腐食を抑える樹脂を塗布したものもあります。

非鉄金属

銅板や断熱材を裏側に入れたアルミ合金性の屋根材のことを非金属系と呼びます。紫外線や酸性雨に強いフッ素樹脂を塗布したアルミ合金製の屋根材なども近年では登場しています。

作業の流れ

01既設板金等の取り外し

既存の屋根材を一度すべて撤去し、
屋根下地を露出させます。

02下地(防水)工事

露出した屋根下地に防水工事を施し、
躯体に水が浸入しないよう対策します。

03屋根の本体工事

新たな屋根材を施工していきます。
屋根材の種類によって工法は異なります。

04とい工事

屋根の葺き替えが完了したら、雨どいなどを
施工するとい工事を行ないます。

05完成

すべての作業が完了したら、お客様に
ご確認いただき、OKをいただいたら完成です。

06アフターフォロー

定期的なメンテナンスなどのアフターフォロー
もゼストのサービスの1つです。

オススメ商品

YS・SR レグルーフ

平葺金属屋根のレグルーフはシンプルなデザインで、屋根を選ばず施工することができます。シャープな縦のラインが住宅のアクセントとなり、機能面から、そしてデザイン面からもご満足をお届けいたします。

YS・SR レグルーフ

パターン

特徴

気温に左右されない高弾性合成ゴムを採用し、高い水密性を発揮。デザインには縦平リブ、フラット、建てさざ波、横さざ波の4種類をご用意しております。

仕様

板厚:0.4mm~0.5mm
働き幅:364mm-455mm
1m当たりの重さ:1.689kg(364幅) 2.0kg(455幅)

横暖ルーフ きわみ

ソーラー発電も設置可能な横暖ルーフきわみ。名が示す通り断熱に優れ、ソーラーパネルと合わせれば、最高レベルの省エネ住宅へと早変わり。今なら補助金も適用で、お得にソーラーパネル同時施工ができますよ。

横暖ルーフ きわみ

パターン

特徴

JIS認定のガルバリウム鋼板を使用した耐久性に加え、遮熱性を持つ屋根材。メンテナンス性に優れる横暖ルーフ・きわみには、塗膜10年保証も付きますので、自信を持ってオススメできる屋根材です。

仕様

厚さ:12 mm
重量:32kg/ケース(5.1kg/m2)
表面材:ガルバリウム鋼板
芯材:硬質ウレタンフォーム

MS タフルーフ

屋根の葺き替えリフォーム時にはもちろん、新築でもMSタフルーフが選ばれる理由は、ハイパフォーマンスとコストメリットを両立する屋根材だからです。施工の幅も広く、柔軟に対応できるバランスの良い商品。

MS タフルーフ

パターン

特徴

屋根の葺き替えをスピーディにおこなえる施工性と、表面仕上げにサザ波とフラットタイプから選べる柔軟性を備えます。標準で7色をご用意し、どのようなタイプのお住まいにもマッチする屋根材です。

仕様

製品寸法:働き幅190mm×働き長さ3.480mm (あやめ折り580mm×6ピッチ)
製品単位重量:月星GLカラー 0.35mm 3.36kg/枚
使用勾配:30/100以上

Rooga

ソーラ瓦の重厚感をそのまま残し、重量を1/2以下に軽量化、住宅への負担を軽減しました。しかも、強い衝撃にも割れにくい。新素材の軽い瓦「Rooga」は、軽さと強さと美しさを兼ね備えた、理想の屋根瓦です。

Rooga

パターン

特徴

耐風・防火・防水・遮音・耐久・断熱と、屋根材に求められる機能をすべて兼ね備え、メンテナンスも楽におこなえる軽量セメント材を使用した屋根瓦です。

仕様

Rooga 雅
働き寸法:550×300mm
厚さ:25mm 
1枚当たりの重量:約3.2kg

三州陶器瓦

三州は江戸時代から日本瓦の三大産地として知られ、時代と共に進化を続けて参りました。耐火性・耐水性・耐寒性・断熱性・耐震性・耐久性・防音性など様々な特性を備え、快適な住まいを三州陶器瓦がお約束いたします。

三州陶器瓦

パターン

特徴

様々な特徴を持つ三州陶器瓦ですが、現在、実験を繰り返し、証明された高耐震性に注目が集まり、震度7クラスの地震に耐える強度が住まいの安全をお約束します。また台風や突風にも耐える、災害時の強さにも秀でています。

仕様

三州いぶし瓦
長さ:305mm
幅:305mm
3.3平米あたりのふき重量(kg):約143kg